【東大生ランキング!勉強になるマンガ】小学4年生とママのおすすめ3選

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

スマホやタブレットは大事な子育てアイテム

子供を育てるママにとって戦力になるのがスマホやタブレット、そしてテレビ!
・家事の時間を確保するため
・移動時間を快適に過ごすために
・歯ブラシやお風呂のお供に
・教育番組や通信教育などお勉強に

本当に子育て世代は「動画」が大活躍です。

動画のダラダラ見を習慣を見直し

親が時間やタイミング、動画の内容も管理できていた幼児期でしたが、

小学生になると、自分でスマホやタブレットを操作出来るようになります。

タブレットでYoutubeを見始め、そのままダラダラと長時間動画をみている娘。

そこで我が家では、宿題、勉強、習い事、翌日の準備など、
その日のやることを全て終わらせた、自由時間にのみタブレットを触っていいことにしました。

それ以外では、おやつの時間、休憩タイムなど、20〜25分は、テレビでアニメを流すことにしました。

そのアニメも、東大生が選ぶマンガランキング入りしたアニメにしたのです。

東大生が選ぶマンガランキングに選ばれていて、隙間時間にhuluでみれるテレビアニメをご紹介します。

勉強になるマンガ

勉強の妨げになると言われていたマンガ!
実は、勉強に役立ち、受験に必要な知識が得られ、
人生の教訓になるものまで様々、いい作品が沢山です。

そんな素晴らしいマンガやアニメを東大生が教えてくれました。

参考にしたのは、

■2021年2月16(火)放送『林修の今でしょ!講座』
 特別編「東大生ランキング」

■2021年5月4日(火)放送『林修の今でしょ!講座』
 特別講座「東大生ランキング」第2弾
 現役東大生500人選んだ「勉強になるアニメ」


その中から、

「働く細胞」
 → 体の仕組みや生物が学べる!

「Dr.STONE」
 → 化学と物理が学べる!

「鬼滅の刃」
 → 大正時代を忠実に再現されていて歴史が学べる!

この3作品は、小学生も興味を持って楽しくみられる
そして一緒にみていてママも面白い!のです。

■働く細胞
■Dr.STONE(ドクターストーン)
■鬼滅の刃

「働く細胞」

生物の勉強になる漫画

細胞を擬似化した物語で体の仕組みが学べる

とある「人」の体内で年中無休で働いている数十兆個もの細胞、
主に免疫系の細胞を擬似化しており、新米の赤血球や白血球などを中心に
細胞たちの日常を描いている作品。

■関連記事

「Dr.STONE (ドクターストーン)」

科学と物理の勉強になる

全人類が、謎の現象により石化して数千年後、科学少年の千空が目覚めた。
文明が滅んだ石の世界を前に、千空は科学の力でゼロから文明を作ることを決意する!

「鬼滅の刃」

大正時代を忠実に再現されている

2020年東大の生協売上NO.1

舞台は日本の大正時代。
心優しき少年は、ある日、家族を鬼に皆殺しにされ、唯一生き残った妹も鬼と化してしまう。
妹を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために2人は旅立ち、鬼と戦う姿を描く。

 
目次